古紙回収を無料で利用する際の注意点

古紙回収を無料でお願いするには、回収された古紙をさらに細かく分別しなければなりません。新聞紙やダンボール、雑誌に分け、それ以外の古紙を雑がみと言います。古紙のなかで雑がみに分類されるものが多く、さらにしっかり分別されていないことも多くなっています。この雑がみは、あらゆる種類の古紙が含まれています。トイレットペーパーの芯やティッシュやお菓子の空き箱などの古紙がこれにあたります。

雑がみの種類によっては、回収ができない可燃ごみとなる場合もあります。チョコレートなどが包装されていた紙や箱はにおいがついている箱なのでリサイクル不可です。食品を敷いていたクッキングシートなども紙類だから再利用できそうだと思う人もいますが、これも再利用不可となります。古紙ににおいや食品や調味料の残留物がある場合は、回収対象外となりますので間違わないようにしましょう。また、写真や圧着ハガキ、レシートなどで使われる感熱紙も古紙としてリサイクルができません。多くの自治体では可燃ごみとして扱われています。

紙類のごみは多い上に、資源になる古紙かどうかで悩んでしまいます。古紙にあたる紙のごみなのか分からないという場合は、無理して雑がみに入れることはせずに、分からないごみだけ最後に調べ、完璧なリサイクルを目指したいところです。古紙回収業者の無料サービスを利用し、正しく資源の処理を行いましょう。